人間開発学部合宿研修(3日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

慣れないかまどを使っての調理 人間開発学部集団宿泊研修(総合講座)の3日目。午前中のプログラムとして野外炊事を行いました。施設のところどころに食材カードを配置し、自分たちが作る料理の食材カードを集めます。カードが集まったルーム(チーム)からそのカードと引き換えに食材を受け取り、調理にかかりました。

 

 

外では大縄跳びも 今回の宿泊先である国立中央青少年交流の家はスポーツ施設も充実していることから、午後は各学科に分かれてポーツレクリエーションを行いました。企画・進行・審判など、すべて学生によって運営し、 大縄跳びでは健康体育が5分間で96回という記録を出しました。

夜は楽しくキャンプファイヤー 夜はキャンプファイヤーを行いました。キャンプではつきものの「スタンツ」と呼ばれている出し物を各チームが短い時間で考えて披露しました。時には笑い声も聞こえ、火を囲んで仲間との交流を深めました。

イベント(在学生・教職員向け)

授業