ノートテイク研修

記事のみ印刷 全画面印刷

「情報保障」について説明するスタッフ 教育開発推進機構学修支援センターでは、聴覚障害の学生に授業内容を文字で伝える「ノートテイカー」を募集しています。本日は学修支援センター内で、今年度の募集に集まった学生を対象に研修会が行われました。この研修では、これから共同で作業に取り組むことになるメンバーの自己紹介から始まり、「聞こえない」ということはどういうことなのか、ノートテイクする際に気を付けなければならない事など説明を受けました。

イベント(在学生・教職員向け)

授業