大学院・法科大学院入学式

記事のみ印刷 全画面印刷

大学院・法科大学院入学式

宣誓をする法科大学院新入生の黒田さん 学術メディアセンター常磐松ホールでは、午後1時から大学院と法科大学院合同の入学式が行われました。

 赤井益久学長の告辞に続いて、小川直之大学院委員長、武田誠法科大学院長が祝辞、その後、博士課程後期経済学研究科の佐野和子さんと法科大学院の黒田正義さんが新入生を代表して宣誓しました。式終了後には、登壇者と役職者の紹介が行われました。

法科大学院入学式記念講演

法科大学院入学者を前に講演する藤川弁護士 入学式終了後、引き続き常磐松ホールで「60歳から法曹を目指して」と題した法科大学院入学式記念講演が行われました。講師の藤川忠宏氏は元日本経済新聞社論説委員で、退職後に法科大学院に入学、現在は弁護士として活躍されています。なぜ60歳になってから弁護士を目指そうと思ったのか、法科大学院時代の苦労や司法試験突破に向けた自分なりの勉強方法についてお話しいただきました。

イベント(在学生・教職員向け)