大学院・法科大学院学位記授与式、修了生祝賀会

記事のみ印刷 全画面印刷

修了式

修了式 本日、午前11時から渋谷キャンパス学術メディアセンター常磐松ホールで大学院・法科大学院の修了式が行われました。

赤井学長から学位記を授与される修了生 開式の辞の後、大学院博士課程学位記授与者が紹介され赤井益久学長から博士課程後期修了者11人(1人欠席)に博士学位記が授与されました。続いて法務博士学位記授与者が紹介され赤井学長より法科大学院修了者18人に法務博士学位記が授与されました。その後、日本臨床法学教育協会の表彰が行われ、リーガルクリニック上級を取得した12人の修了生に対し、渋谷パブリック法律事務所の蛭田孝雪所長から表彰状が贈られました。

記念撮影(大学院修了者) 引き続き、大学院博士課程後期単位取得満期退学者の紹介、修士学位記の授与が行われ、赤井学長の式辞、小川直之大学院委員長の祝辞、武田誠法科大学院長の祝辞と続き、最後に修了生総代の答辞があり終了しました。

記念撮影(法科大学院修了者) 修了式終了後、大学院・法科大学院修了者それぞれに分かれ、記念撮影を行いました。

祝賀会

眺めの良い有栖川宮記念ホールで行われた祝賀会  修了式終了後、会場を若木タワー有栖川宮記念ホールに移し、午後1時から大学院・法科大学院合同の修了生祝賀会が行われました。

挨拶する大原教授挨拶する柳田教授 祝賀会では、大学院で指導にあたり、3月をもって退職される神道文化学部大原康男教授と文学部柳田康雄教授から退職にあたっての挨拶があり、今後は研究者として歩む修了生に研究者として心掛けなければならないことなどが語られました。また、博士課程後期と法科大学院修了生も壇上に上がり、修了する喜びと今まで指導教員に対するお礼の言葉が述べられました。

指導教員を囲んで記念撮影 その後は、指導教員を囲んで大学院での思い出話しに花を咲かせました。

イベント(在学生・教職員向け)