法学部50周年記念シンポジウム

記事のみ印刷 全画面印刷

裁判員制度について解説を行う共同通信企画委員兼編集委員の竹田昌弘氏 法学部では渋谷キャンパス百周年記念館記念講堂にて、開設50周年を記念した公開シンポジウムを開催いたしました。
 施行から3年が経過した「裁判員制度」の現状と課題について、裁判員経験者や法曹三者(裁判所・検察・弁護人)、マスコミ関係者をパネリストにディスカッションを行い、この制度を導入した事にによって刑事裁判がどのように変化したのか、3年間の運用で見えてきた問題や改善点を今後どのように生かしていけばよいのかを検討しました。
 会場には本学学生を中心に300人を超える参加者があり、予定時間を超える白熱した議論が展開されました。

イベント(在学生・教職員向け)

イベント(学外者開放型)