国際交流の集い「留学生の主張」

記事のみ印刷 全画面印刷

マレーシアの留学生による「ラマダン」についてのスピーチ 国際交流の集い「交換留学生の主張」が15時から16時30分まで有栖川宮記念ホールで行われました。東日本大震災の影響がまだ残る昨年9月に来日し、1年間本学で学んだ交換留学生ら8名がこれまでの学修の成果を発表しました。

 自作の映像や1年間撮りためた写真を使っての趣向を凝らした個性あふれるスピーチに、参加した学生や教職員は大きな拍手や笑い声が起きていました。

イベント(在学生・教職員向け)