中国文学科卒業論文発表会

記事のみ印刷 全画面印刷

中国文学科卒業論文発表会 本日午後2時から、渋谷キャンパス120周年記念1号館の1101教室で、「平成28年度文学部中国文学科の卒業論文発表会」が開催されました。

 昨年12月14日までに提出された卒業論文ですが、中国文学科はその中から7名が選ばれ本日発表となりました。
 7人は学部学生としての4年間の集大成である研究成果を発表し、参加した同学年の学生たちは傾聴しながら、発表終了後には適宜発表者に質問を投げかけていました。

 写真は前川敦行君の「莫言作品における父と子について―『赤い高粱』と『四十一炮』を中心にして―」の発表です。

授業