能楽師・金春流太鼓方の大川典良氏、外国語文化学科ゲスト講義

記事のみ印刷 全画面印刷

能楽師・金春流太鼓方の大川典良氏、外国語文化学科ゲスト講義 本日渋谷キャンパス5時限目(午後4時10分~午後5時40分)の文学部外国語文化学科専門科目「文化の理解と発信」では、能楽師・金春流太鼓方の大川典良氏をお迎えして、能楽の基本と日本文化の発信についてお話しいただきました。
 能楽の歴史をたどったのち、能楽作品の「道成寺」を例にとり、現代にも通じる物語のあらすじや、心の動きの表現、想像力をはたらかせて見ることの大切さなどを、謡本や映像、実演もまじえて教えてくださいました。

 能楽が身近に感じられる臨場感たっぷりのお話に、受講生たちは引き込まれていました。

授業