海外インターンシップ@ベルジャヤ大学(マレーシア クアラルンプール)

記事のみ印刷 全画面印刷

 本学では平成27年度夏期から海外インターンシップを実施しており、今年の夏は8月16日から9月11日までの日程で行われるマレーシアプログラムに4人の学生が参加しています。同プログラムでは、前半の2週間は仕事で使う英会話を中心に大学で事前研修を受けた後、後半2週間はさまざまな職場でインターンとして働きます。

 以下、現地を訪問した田原裕子国際交流推進部長・経済学部教授によるレポートです。

インターンシップの参加者たち この日はアットホームな雰囲気の中、実践的な英語を学んでいるところを見学しました。また、授業が終わった後は他大学の学生も交えて夕食に出かけました。本学の4人の学生たちは毎日、放課後は積極的に街に出かけているそうで、この日は有名な屋台街(アロー通り)を散策した後、スチームボード(日本の鍋のようなもの)の人気店(客家)で食事というステキなコースを案内してくれました。滞在10日目ながら、街にも英語での会話にもすっかり慣れて、楽しんでいる様子がとても頼もしかったです。

スチームボードを囲んで 4人は26日で事前研修を終え、週末はシンガポールへの小旅行を楽しんだ後、いよいよ月曜日からインターコンチネンタルをはじめとするホテルのフロントやレストランなど、それぞれのインターンシップ先に配属されるそうです。Good luck!

授業