指定実習Ⅰ(1日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

講義  神職資格を目指し神職課程を履修している学生の「指定実習Ⅰ」の2期が、本日から3泊4日の日程で始まりました。明治神宮のご協力、ご指導を得て、境内で寝泊まりをして行うこの実習は、参加した学生たち48人にとって最初の泊まり込みでの実習となります。

  台風による雨が降りしきる中、午前9時に明治神宮研修所に集合した学生たちは、正式参拝、開講式に臨みました。開講式後は、遠藤潤神道文化学部准教授が講義を行いました。(写真)

  午後は、神拝行事の作法や禊行法について説明を受け、夕刻にはさっそく禊、夕食後には御本殿に進んで夜間参拝を執り行いました。

授業