マニトバ大学短期留学通信(バンフ旅行)

記事のみ印刷 全画面印刷

バンフ旅行 マニトバ大学短期留学では、8月12日~16日の期間で、カナダのバンフ(Banff)に旅行に行きました。

 バンフはカナダのアルバータ州にある自然豊かな国立公園です。カナディアンロッキー山脈観光の中心とあって小さな町ながら、多くの観光客の方が訪れておりとても賑わっていました。

 

バンフでのBBQ 普段の寮生活と違い、他国の学生と6~8人でシャレーに泊まり、生活をともにしました。それぞれの国の文化や食事も異なり、英語でコミュニケーションを取ることに苦戦しつつも、他国からの留学生との交流する楽しさも感じることができたようです。

 

バンフでのカヌー 学生の1人は「授業とは違い、日常生活の全てを、英語でコミュニケーションを取っていくことにとても苦労したため、自分の英語力ではまだまだと感じた。一方で、シャレーでの生活を通して、コミュニケーションを取ることに段々と自信を持つこともできたため、マニトバ大学での生活や日本でも英語の勉強を続けていきたい。」と感想を言っています。

 また、バンフの豊かな自然の中で、登山・カヌーなどを楽しみ、有意義な時間を過ごすことができたようです。

授業