南台科技大學短期留学通信

記事のみ印刷 全画面印刷

中国語授業の様子_1 8月4日から始まった南台科技大學(台湾・台南市)での夏期短期留学。同プログラムに参加する男子3人・女子5人の本学学生は、台湾での留学生活も徐々に慣れてきたようです。

台湾民芸品の絵付けの文化講座 本学の協定校でもある同大学は、、在籍数約18,000人の大規模私立大学で、電子工学や情報処理、デジタルコンテンツ制作などの高度な専門知識を学べる技能養成に定評のある大学です。

中国語授業の様子_2 夏休み期間中ということもあり、キャンパス内の食堂や購買も閉店していますが、大学周辺には、コンビニやスーパーなどがあり、生活用品には不住しない環境です。また、大衆食堂や屋台なども充実しているため、台湾ならではの食事を満喫しています。

台湾陶芸の文化講座 8日からは本格的に留学プログラムが始まり、1コマ3時間の中国語の授業と文化体験講座を受講し、学生たちも、あっという間に1週間が過ぎたようです。

授業