南台科技大学セメスター留学通信(文化講座)

記事のみ印刷 全画面印刷

マスク作り 今年度の約4ヶ月にわたるセメスター留学が台湾で始まりました。昨年度までは中国国内の大学で実施されていたセメスター留学ですが、今年度は中国大陸の大気汚染を避けるため、台湾・台南市にある南台科技大学で実施されています。すでに授業は3日目を迎え、空港で「行きたくない」と泣いていた学生も、「来てよかった!」と毎日笑って過ごしています。
 3日目の9月2日は午後から文化講座が開かれました。今回の文化講座は日替わりに近い豊富な内容で、初回は国劇(京劇)のマスク作りです。8月12日の取材日誌「南台科技大学短期留学通信(國劇用マスク作り)」でも紹介されていますので、詳細はそちらをご覧下さい。
 現地の学生が通訳をする等、学生ボランティアが授業に協力してくれます。学生たちは日本語や中国語で会話を楽しみながら、マスク制作にとりくんでいました。

授業