現代の企業経営

記事のみ印刷 全画面印刷

 1年生を対象に毎週木曜日に開講されている授業「現代の企業経営」。毎週ゲスト講師を招いてのオムニバス形式の授業となっています。本日は東京証券取引所などを運営する株式会社日本取引所グループ(JPX)と、株価情報をインターネット上で提供するサービスを行っているyahooファイナンス担当者の方がそれぞれ講義を行いました。

 

講義を行うJPX担当者 前半は、JPXの担当者の方から、そもそも株式会社とはどのようなものなのか。株式市場はどのようにして誕生いたのか、株価の変動は企業の経営者にとってどのような意味合いがあるのかなどが詳しく説明されました。

 

講義を行うYahooファイナンス担当者 続いて後半は、Yahooファイナンスの担当者の方が特徴的な株価変動があった企業を例に挙げ、株価を見るときに気をつけなければならないポイントなどを説明しました。その後、学生個人が持っているスマホを使って、Yahooファイナンスから特定の企業の株価情報を検索する方法を演習形式で行いました。

 

スマホを使った演習 JPXとYahooファイナンスは、本学経済学部主催の「全学部生対象のビジネスコンテスト」への協力も行っています。7月15日には決勝戦が行われる予定です。

授業