SHIBUYA109総支配人が授業

記事のみ印刷 全画面印刷
 現代の企業経営 授業の様子

現代の企業経営 授業の様子 企業経営者や管理職者が外部講師を務め、経営について理解を深めることを目的とした授業「現代の企業経営」(本田一成経済学部教授)で、SHIBUYA109総支配人の中里研二氏(株式会社東急モールズデベロップメント)が講師を務めました。同施設はJR渋谷ハチ公口から徒歩3分ほどの場所に位置する女性向けファッションビル。流行発信拠点の代名詞として海外にも知られる程の存在です。

 

講師を務めた中里氏 午後0時50分から渋谷キャンパスで行われた授業で登壇した中里氏は、自身が勤務する会社の事業説明や業界動向などに触れた後、「SHIBUYA109ブランドの構築」に向けた取り組みを中心に解説をしました。単なる販売施設ではなく、ブランドとしてどのような価値や体験を提供できるのか。ブランド構築に向けた基本方針に沿って実行されている顧客向け施策や従業員満足度の向上策など、今後の予定も含めた事業最前線の様子を伝えました。

授業