「日本の基層文化(日本の山と精神文化)」開講

記事のみ印刷 全画面印刷

畳教室での「日本の基層文化」履修 本日5限、渋谷キャンパス120周年記念2号館1206教室では、「日本の基層文化(日本の山と精神文化)」の初回の授業が行われました。同講義を担当する中山郁准教授(教育開発推進機構)は在学時にワンダーフォーゲル部に所属しており、現在山岳宗教・修験道を専門としています。

 本日の授業では、履修者に「山」からイメージする言葉を挙げさせ、そこから日本人にとって山とはどのような世界と考えられてきたのかという、授業のテーマの導入を行いました。今後の授業では、ゲストによる講義や、東京近郊の山へのフィールドスタディー・体験修行等も予定されています。

授業