「和の心・技・体(礼法入門)」開講

記事のみ印刷 全画面印刷

和室で正座の指導 本日4限に渋谷キャンパス120周年記念1号館1206教室で、「和の心・技・体(礼法入門)」の初回の授業が行われました。同講義は、本学の建学の精神に基づく、日本文化を体験しながら学ぶ「國學院科目」の1つとして展開されています。武家礼法である小笠原流礼法に基づき、小笠原純子先生が指導にあたります。

 礼法では、『心正しく、体直くするにあり』と云われ、正しい心の在り方、常に正しい姿勢を保つことが求められます。本日の講義では、和室で実際に正座し、お辞儀や挨拶の姿勢・細かな手の運び等を学びました。

授業