「和と心・技・体(将棋と日本文化)」開講

記事のみ印刷 全画面印刷

説明を受けながら将棋をうつ学生 本学では、建学の精神にのっとり、日本の伝統文化と精神を体験を踏まえながら学ぶ全学共通の科目「國學院科目」を開講しています。その一環として、今年度から公益財団法人日本将棋連盟の支援を受け、「将棋と日本文化」を開講します。同講座は、棋士の高野秀行六段が担当し、将棋独特の礼儀作法、将棋の歴史などの講義に加え、本将棋・玉の詰みなどの実技が行われる予定です。

駒を進める学生 本日4限に渋谷キャンパス120周年記念1号館1206教室で行われた初回の授業が行われました。講義内容の説明があった後、履修者同士でペアを組み、実際にマット式の将棋盤で駒を打つ手つきの練習をしました。初心者・経験者ともに解説を受けながら、慎重に駒を打っていました。

 

 

授業