総合講座「渋谷学」

記事のみ印刷 全画面印刷

渋谷の特徴について語る西氏 本学の教養総合科目のひとつである総合講座「渋谷学」が、本日午前10時30分から渋谷キャンパス120周年記念2号館2201教室で行われました。2回目の授業となる今回は、シブヤ経済新聞編集長の西樹氏を招き、渋谷という街がどのような街で、これからどのように発展を遂げていくのかについて講義が行われました。

 ITベンチャー企業が集中する渋谷では、ITに限らず面白い経営スタイルの企業や商店も数多く存在します。西氏は、クラウドファンディングで資金を集め、今年5月、道玄坂にオープンした民間の図書館「森の本屋さん」など、一風変わった方法で集客しているお店などを紹介しました。

 また、現在進んでいる渋谷駅周辺の再開発事業にも触れ、大きなオフィスエリアが少なかった渋谷が、再開発によって十分なスペースが確保されることから、今後、渋谷という街が「若者の街」から「ビジネスの街」へ変貌を遂げる可能性があることなども紹介しました。

授業