南台科技大学日本語教育実習スタディツアー

記事のみ印刷 全画面印刷
記念撮影 8 月17日から30日(土)までの日程で、台湾・台南市の南台科技大学で日本語教育実習が実施されています。今年は諸星美智直文学部教授が引率し、大学院生1人・学部生9人の計10人が、同大学の2014年日本語サマーキャンプ(暑暇日語夏令営)に日本語教師実習生として参加。将来の研究・日本語教育実践の準備を行っています。写真は、初日の日本女子大学(江田すみれ教授引率)・本学の実習生・受講生・関係教員合同の記念撮影です。
授業の様子 授業は、19日に始まり、週末を挟んで29日(金)まで続いています。日本文化・日本事情を題材として教材化して南台科技大学の学生に日本語で話してもらう活動型の授業です。題材は、「若者言葉」「お祭り」「江戸文化」「ジブリ」「アルバイト」 「書道」「ファッション」などさまざまです。学生たちはパワーポイントを使いながら授業を進めています。

授業