マニトバ大学短期留学通信(カナディアンフットボール観戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

stadium マニトバ大学での短期留学は最後の週末を迎えました。22日(日本時間では23日)、学生たちはカナディアンフットボールの試合を見るため、大学から徒歩圏内にある33,500人収容の巨大スタジアム「INVESTORS GROUP FIELD」へ。前日にキャンパスで購入しておいたチケットを手に、地元チームWinnipeg Blue Bombers対Montreal戦を楽しみました。

 当日は3万人近い両チームのファンが押し寄せ、その歓声が学生寮まで響くほどです。学生たちは、日本ではなじみのないカナディアンフットボールのルールを推測しながら観戦し、どのタイミングで「Blue Bombers!」と応援をするかなどファンたちを観察していました。劇的な試合展開が見られた第3クオーター以降には、すっかりルールやスタジアムの雰囲気に慣れて、周りのファンたちと一緒に歓声をあげて、応援しました。

授業