外部講師授業 経済学部「現代の企業経営」

記事のみ印刷 全画面印刷

 壇上の吉田氏経営者や管理職の方を外部講師に招き、経営について理解を深めることが特徴の授業「現代の企業経営」(本田一成経済学部教授)で、本学卒業生の吉田真由美氏(株式会社ぐるなび 取締役執行役員)が講師を務めました。株式会社ぐるなびは飲食店の情報を集めたポータルサイトを運営し、外食産業のネットワークとしては最大手企業です。

 

 

 

 

吉田氏による授業風景 午後0時50分から渋谷キャンパスで行われた授業は、学生全員が起立し、講師に対して礼を済ませてから開始となりました。登壇した吉田氏は、自身が勤務する会社の説明や職務経歴などを説明、現在は新規事業の立ち上げに携わっていることを明かしました。特に新規事業の推進にあたっては、外部環境や市場規模の徹底調査、自社が勝ち抜くための狙いの定め方といった経営的な手法だけでなく、運営責任者として部下との良好なコミュニケーション手法なども紹介。まさにビジネス最前線からの情報を学生に分かりやすく伝えていました。

 授業後、学生から「國學院で学んだことで役立ったことは何か」との質問に対して、「日本文学を学んだこと」と回答した吉田氏。グローバル化が加速する社会では、日本文学や食といった日本文化を発信する機会は更に増えていくだろうと、その重要性を語っていました。

授業