人間開発学部推薦入学者ガイダンス

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日午後0時30分よりから、たまプラーザキャンパス411教室で人間開発学部推薦入学者ガイダンスが実施されました。


入学予定者を前に挨拶する新富学部長 このガイダンスでは、入学が決まった推薦入学者予定者を対象に、国語と英語の試験を実施。試験終了後に各自で採点を行い、現時点での基礎学力を把握し、入学後にどのような勉強が必要となるのかを考えることを目的に実施されました。

 


試験を受ける入学予定者 最初に、人間開発学部長の新富教授から「みなさんは目的意識がはっきりしている。はじける授業をしよう」と激励の言葉がありました。その後、教室に集まった約150人の入学予定者には小論文の課題が課せられ、皆真剣に取組みました。

先輩の学生からキャンパスライフの説明を受ける入学予定者 午後2時40分からは各学科に分かれ、それぞれ3人の先輩在学生からメッセージが贈られました。午後3時30分からは十数名ずつのグループが13教室に分かれ、本学部の先生と懇談し、午後4時に終了しました。

授業