セントマイケルズ大学短期留学通信(アクティビティ)

記事のみ印刷 全画面印刷

 セントマイケルズ大学での春期短期留学は1週間が過ぎ、本学学生は徐々にセントマイケルズ大学の学生の中に解け込み始めています。同大学は広大な敷地の中に学生寮が完備されており、ほとんどの学生が4年間を大学の敷地内で生活しています。

 

 本日は夕食の後、学内にあるレクリエーションルームで現地の学生と一緒に米国のゲームを楽しむ「Game Night」を開催しました。日本語に若者言葉があるように、英語にも若者が好んで使う話し言葉がたくさん存在します。教室の中だけでは学べない、そうした「生きた」英語を学べるのも、本プログラムひいては留学の大きな特徴のひとつです。それぞれのテーブルに分かれた学生たちは、現地の学生からゲームの遊び方を習い、思い思いの楽しい時間を一緒に過ごしました。

授業