セントマイケルズ大学短期留学通信

記事のみ印刷 全画面印刷

 本学では夏と春の長期休暇期間を利用して、外国語能力向上を目指し、海外の提携大学で、集中的に語学を勉強する4週間の短期留学プログラムを実施しています。今日は、アメリカのセントマイケルズ大学に向かう学生24人と引率職員1人が成田空港から出発しました。

 4週間分の大きな荷物を手にした学生たちは、集合時間の正午より早く第1旅客ターミナルの指定された場所に集まり、旅行会社スタッフのサポートの下、搭乗手続きなどを行いました。一行は、午後2時40分出発の飛行機でデトロイトヘ。さらに乗り継ぎをして、セントマイケルズ大学のあるバーモント州の中心都市・バーリントンに向かいます。

 留学期間中は、大学での英語プログラムのほか、ボストンやニューヨーク、国境を越えてカナダのモントリオールも訪れる予定です。英語教授法のプログラムでは全米でも高い評価を受け、学生の国際プログラム参加度では全米でも指折りの高さとされるセントマイケルズ大学での留学プログラムで学生たちは、大きく成長をして帰国予定日の3月18日に笑顔で帰ってくることを期待しています。

授業