図書館情報リテラシー

記事のみ印刷 全画面印刷

情報リテラシー 今年度の授業開始から1週間が経ち、図書館では授業対応のガイダンス「情報リテラシー」が始まりました。

 このガイダンスは授業内容に即した内容となっており、先生からの依頼を受けて図書館で対応しています。お邪魔したのは経済学部久保田裕子教授の「基礎演習A」です。今回は図書館内のツアーの後、コンピュータ教室で“K-aiserカイザー”(蔵書検索)を含めたデータベースのガイダンスを実施しました。

 まだまだ大学の授業に馴染んでいない1年生ですが、ここでのガイダンスが大学生活4年間の大きな基礎力になるはずです。図書館ではその他にも様々なガイダンスを企画していますので、積極的に参加して情報スキルを磨きましょう。

 

授業