叢隠寮清祓祭

記事のみ印刷 全画面印刷

 平成30年度から施設の老朽化などにより改築工事を行っていた叢隠寮(神奈川県箱根町)では、工事が終了し7月5日、本格的な利用開始を前に清祓祭が斎行されました。叢隠寮は、折口信夫博士(釈迢空)の別荘であった叢隠居を昭和33年に國學院大學が譲り受け、これを保存するとともに宿泊施設を増築。教職員や院友が利用できる厚生施設として運用してきました。

 今回行われた全面的な改築工事により、地上2階地下1階建ての本館と、折口信夫の書斎を復元した「折口博士記念館」が竣工。本館には3つの居室と2つの大浴場、食堂などが整備されました。

祭典