大祓(夏越の祓)

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日午後4時より、渋谷キャンパスの神殿にて大祓(夏越(なごし)の祓)が執行され、大学役教職員・学生らが参列しました。日々の生活の中で知らぬ間に生じる罪穢れを祓い除き、無病息災を祈るため、古来より一年の区切りの6月と12月の晦日に斎行されてきた「大祓(おおはらえ)」の神事。参列者は人形(ひとがた)で体をぬぐい、切麻(きりぬさ)でお祓いをして、心身を清め、すがすがしい気持ちで今年の下半期を迎えられる準備を整えました。

 

 

祭典