創立記念祭

記事のみ印刷 全画面印刷

祝詞の奏上 11月4日は本学の母体である皇典講究所が明治15(1882)年開設された創立記念日で、今年創立から134年を迎えます。

 本日午前9時から神殿において、坂口吉一理事長をはじめ法人・大学の役教職員、学生らが参列し創立記念祭が斎行されました。午前中は生憎の悪天候で、神殿前にはテントが設置されました。

 祭典では、神前にお供え物を捧げ、斎主が祝詞を奏上し、茶道研究会の献茶や神道文化学部学生による浦安の舞が奉納されました。法人ならびに大学の行く先を祈念した記念祭は1時間ほどで無事に終了しました。

祭典