神殿鎮座記念祭

記事のみ印刷 全画面印刷

神道文化学部学生による舞の奉納 本日午前11時から渋谷キャンパス神殿で、神殿鎮座記念祭が執り行われ、坂口理事長、赤井学長以下、法人・大学の役教職員、学生等が参列しました。

 昭和5年に現在の地に鎮座された神殿は、天照皇大御神を始め八百万の神々をお祀りしており、今年で鎮座85年目を迎えました。祭典中には、神道文化学部生有志による浦安の舞、茶道研究会からの献茶、國華會による献花など、各種奉納がありました。

 約1時間ほどの祭典が終了した後、若木タワー18階有栖川宮記念ホールに場所を変え、直会が行なわれました。

 

 

 

新調された和太鼓 また、本日の記念祭では、元事務局職員のご寄付により、新調した楽太鼓が使用されました。有栖川宮記念ホールでの直会でも、この楽太鼓が披露されました。

 

 
  

 

祭典