月次祭・祈年祭

記事のみ印刷 全画面印刷

月次祭・祈年祭 強風吹き荒れる中、本日午前10時から神殿では月次祭ならびに祈年祭(きねんさい)が斎行されました。

 祈年祭は、豊作を感謝して秋に斎行される新嘗祭(にいなめさい)と対となる祭で、年の初めに五穀豊穣と国の繁栄を祈る祭で、奈良・平安時代、毎年陰暦の二月四日、神祇官、国庁で斎行されていました。

 強風のため参列者の体感気温は急激に下がり、参列の厳しい気候となりましたが、陽射しはすっかり春めいています。本格的な春も間近です。

祭典