企画展「花鳥風月 柄鏡の美 ~服部和彦氏寄贈コレクションを中心として~」展示準備

記事のみ印刷 全画面印刷

企画展の準備  國學院大學博物館では、2月11日(祝・木)から始まる企画展「花鳥風月 柄鏡の美 ~服部和彦氏寄贈コレクションを中心として~」の準備が始まっていました。

  今回の企画展は、服部和彦氏の篤志によって寄贈された1,000点に近い鏡の内から中世後半に出現し、江戸時代を通して一般庶民にまで広く浸透した柄鏡の魅力をご紹介致します。展示ケースには、人物や動植物など多様なデザインが施された柄鏡が、内川隆志研究開発推進機構教授ら博物館スタッフにより丁寧に並べられていました。

キャンパス雑景