博物館資料搬出作業

記事のみ印刷 全画面印刷

國學院大學博物館、貸出資料搬出 10月9日(金)から11月29日(日)まで、島根県立古代出雲歴史博物館で開催される「百八十神坐す出雲-古代社会を支えた神祭り-」に展示資料として本学博物館の資料を貸し出します。
 その貸出資料の搬出作業を、本日午前10時過ぎから行われました。

 貸出資料は、複製の木簡や金属製・木製の人形、復元の案(机)、大島(東京都)の祭祀遺跡の和泉浜遺跡C地点の出土遺物など、総数100点近くです。
 資料は丁寧に梱包されて、搬出されました。島根県に到着後1週間掛けて展示準備が行われます。

 なお当展示の関連講座として11月1日(日)午後1時30分から、笹生衛神道文化学部教授が講演します。題目は「祭祀遺跡から古代の出雲、杵築大社成立を考える~神と社の考古学~」。
 受講希望の方は、島根県立古代出雲歴史博物館ホームページからお申し込みください。

 

キャンパス雑景