柔道アメリカ代表、表敬訪問

記事のみ印刷 全画面印刷

柔道アメリカ代表選手表敬訪問 本日、本学柔道部に強化合宿として来校し、青葉寮で寮生活を過ごしている柔道アメリカ代表、サンノゼ大学(San Jose State University)学生のブラウン(Colton Brown)選手とスミス(L.A.Smith)選手が、坂口吉一理事長と赤井益久学長を表敬訪問に役員室を訪れました。

 両選手は柔道のアメリカ代表として、今月9日から31日と約3週間に渡って柔道部と練習も寝食も共に過ごして強化合宿を行っています。両選手とも今まで数回青葉寮での生活は体験していましたが、この長い期間の宿泊は初めて。赤井学長からも日本についての心配も聞かれていましたが、先日改装したばかりの寮は過ごしやすいものの、湿気の多い日本の夏は辛いとのことでした。

柔道アメリカ代表選手合同練習 たまプラーザキャンパスでの柔道部との合同稽古も、本学選手と接しながら、充実した練習であることを熱心に説明していました。

 ブラウン選手、スミス選手ともに次のリオ・オリンピックの出場は決まっているそうです。坂口理事長、赤井学長には、平成32年の東京オリンピックも出場を決めて、再会する約束もしていました。

 

キャンパス雑景