広尾中学校国際交流会

記事のみ印刷 全画面印刷

留学生交流会@広尾中学校_中学生による南中ソーラン 昨年・一昨年に引き続き、今年も本学の隣にある渋谷区立広尾中学校の国際交流会に、本学の交換留学生を中心とした9カ国と地域からの22人の留学生・研究員が参加し、中学生と交流しました。

 交流会のメイン会場である体育館では、3年生が留学生たちをお出迎え。
 まず3年生による「南中ソーラン」の踊りが披露されました。生徒たちの群舞は壮観。22人の留学生たちから惜しみのない拍手が送れました。

 

留学生交流会@広尾中学校 その後、代表生徒の挨拶があり、いよいよメインである中学生のグループによる日本紹介の発表会です。
 生徒たちは12の班に分かれ、それぞれで準備したテーマの発表を数名の留学生に聞いてもらい、質問や意見の交換をしていきました。午前と午後合わせて6回ローテーションを組み、班ごとにお茶や遊び、言語や着物、観光地や城郭など、パフォーマンスなどの趣向を凝らしたテーマの説明に、留学生たちは熱心に聞いていました。

 中学生の発表の後は、留学生たちの発表。こちらもそれぞれ工夫を凝らしており、出身国の文化や観光地など興味深い説明をし、中学生からの質問も切れ目がないほどでした。 

 

留学生交流会@広尾中_給食 途中の昼食には、中学生と一緒に給食を頂きました。日本の中学校の給食は口にあったでしょうか。食事をしながらの談笑も弾み、さらに交流が深まってたようです。

キャンパス雑景