重陽の節句

記事のみ印刷 全画面印刷

若木タワーと青空 今日9月9日は「重陽の節句」です。古くから中国では奇数を陽の数とし、「九」という陽の数が重なることから、今日は大変おめでたい日とされています。中国で始まった風習ですが、日本では、収穫の時期にもあたるため、庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをすることも。今日の渋谷の空はそんな日にふさわしい秋めいた青空と雲が広がる一日となりました。

やぶらん こちらは、神奈備川沿いに咲いた藪蘭(山菅)です。細長い葉の間から穂状の紫色の小さい花が見えていました。

 

 山菅の 実ならぬことを 我れに寄せ 言はれし君は 誰れとか寝らむ  (万葉集 巻4-564)

キャンパス雑景