沈丁花

記事のみ印刷 全画面印刷

沈丁花@120周年記念1号館裏 おとといの日曜日は26℃と最速の夏日、昨日は14℃、そして今日は、また4月中旬の暖かさとなりました。
 この時期、街を歩いていて甘い香りがしてきたら、こちらの沈丁花の香りでしょう。つぼみの時期は赤紫色をしていますが、花びらの内側は白。その肉厚の小さな花一輪一輪から、力強く春をはなっていますので、ぜひのぞいてみてください。
 三寒四温の域を出た寒暖差が続く毎日となっています。花粉も多く飛散しておりますので、体調管理には十分留意してお過ごしください。

キャンパス雑景