女郎花とミツバチ@たま

記事のみ印刷 全画面印刷

女郎花にとまるミツバチ たまプラーザキャンパス正門横にある「万葉の小径」。万葉集にも詠まれる植物を栽培しています。
 見ごろを迎えた黄色い花は、「女郎花(おみなえし)」。青い空に黄色い花がいつもより映えていました。女郎花の小さな花を観察しているとミツバチの姿が。本学が行っている「万葉エコBeeプロジェクト」で飼っているミツバチでしょうか。
 7月に入りミツバチの活動が一番活発になる時期になりました。暑さに負けずたくさんの蜜を集めてくれることでしょう。

キャンパス雑景