近藤ようこさん個展「物語る絵2」

記事のみ印刷 全画面印刷

近藤ようこ先生個展「物語る絵2」 先日紹介しました院友漫画家の近藤ようこさん(88期文学科)の個展「物語る絵2」が、「ビリケンギャラリー」(港区南青山)で開催中です。
 小振りなギャラリーには彩色が施された近藤さんのイラストや、『夢十夜』の原画が展示されていました。

 近藤ようこさんには、折口信夫博士の『死者の書』を漫画化された際に、國學院大學博物館で開催の特集展示にも漫画の原画をお貸し頂きました。また特集展示期間にはトークイベントやサイン会にもご協力頂きました。

近藤ようこ先生個展「物語る絵2」_『夢十夜』原画 難解と言われる『死者の書』の漫画化も絶賛されましたが、今回漫画化した夏目漱石の『夢十夜』も強者です。漱石の描く摩訶不思議な世界『夢十夜』をも見事に画像化出来るのも、根強い人気のある近藤ようこさんならではです。
 
 また今回も多くの水彩画が展示されていますが、どれも優しい彩られ、女性の美しさが醸し出されています。
 この水彩画ならではの色彩は、原画でなければ味わえないでしょう。

近藤ようこ先生個展「物語る絵2」_山本東次郎さんからの胡蝶蘭 そして豪華なお祝いの胡蝶蘭は、『中・高生のための狂言入門』(平凡社ライブラリー、平成17年刊)で共著をされた院友狂言師の山本東次郎さん(69期文学科、人間国宝)からでした。

 今回の個展も明日までです。ビリケンギャラリーは渋谷キャンパスから5分程度の場所ですので、ご都合がつけば是非ご覧ください。

 

ビリケン商会 ※ビリケンギャラリーは、ビリケン商会としてソフトフィギア等も企画・販売しています。子ども心を持つ大人を楽しませてくれるお店です。
  興味のある方はお店にもお立ち寄りください。

周辺探訪