雅楽教室@渋谷区立鉢山中学校

記事のみ印刷 全画面印刷

雅楽教室@区立鉢山中_楽器説明 本日、雅楽サークル「青葉雅楽会」が渋谷区立鉢山中学校(渋谷区鶯谷町)にお邪魔して、音楽室を会場に「雅楽教室」が開催されました。
 午前9時45分からは3年生を対象に、午前10時45分からは特殊支援学級を対象に開催し、装束に着替えたメンバーから、雅楽の楽器についての説明と、楽器の体験、雅楽の実演に触れました。

 今では音楽の授業で、積極的に邦楽にも取り組んでいますが、楽器や演奏を直に触れる機会は多くありません。そうした中、日本文化を守り、継承する本学の社会的責任の一環として、また本学キャンパスの立地する地元への地域貢献として、中学生に雅楽を触れる機会を設けました。

 

雅楽教室@区立鉢山中_楽器体験 参加した中学生は、西洋楽器とは異なる和楽器に触れ、音階まで異なる別次元を垣間見る機会となりました。また、楽器の形態や大きさからは想像できない篳篥や笙の音色に驚きながら、実演も楽しむことができたようです。
 雅楽の装いも気になるようで、写真で見る「陵王」や「納曽利」の舞楽もあわせて、衣装についての質問も少なくありませんでした。

周辺探訪