山種美術館「水の音―広重から千住博まで―」プレス内覧会

記事のみ印刷 全画面印刷

内覧会の様子 渋谷キャンパスにほど近い山種美術館で開催されました「水の音―広重から千住博まで―」プレス内覧会にお邪魔しました。同展は7月19日から9月15日(月・祝)まで開催されていて、波、滝、水面、雨とさまざまな形で画家たちが表現した「水の音」を約60点の絵画を通して伝えています。

オリジナル和菓子 内覧会では、はじめに山崎妙子館長に本展の見どころを紹介していただき、その後は各自展覧会を見学しました。また、館内のカフェでは今回の展覧会のために作られたオリジナル和菓子も用意されていました。

 本学では、山種美術館をはじめ渋谷区・東洋文庫と「東京・渋谷から日本の文化を発信するミュージアム連携事業」を展開中です。本学と山種美術館では、今回の「水の音―広重から千住博まで―」展に関連した美術文化フォーラム1「水の景・水の音―日本美術と文化―」を8月3日(日)に、「浮世絵摺り実演会(体験付)」を8月5日(火)にそれぞれ開催します。いずれも、参加費無料、要申込です。

 展覧会の鑑賞とあわせてぜひお出ましください。

周辺探訪