帰宅困難者受入れ訓練@渋谷ヒカリエ

記事のみ印刷 全画面印刷

桑原区長あいさつ 本日午前、渋谷駅前・渋谷ヒカリエでは、大規模災害を想定した帰宅困難者の受入れ訓練が行われ、本学からも職員が参加しました。午前9時30分に発災したとの想定で始まった今回の訓練では、帰宅困難者訳の参加者が渋谷マークシティから帰宅困難者の受入れ施設である渋谷ヒカリエ3階デッキまで歩いて移動しました。

 その後、桑原渋谷区長らが挨拶をし午前11時30分ごろには、すべての訓練が終了しました。

 渋谷区では、渋谷ヒカリエや本学渋谷キャンパスを始め区内に帰宅困難者支援(受入)施設を定めています。「備えあれば、憂いなし」。いつ訪れるかわからない大災害を前に、最寄の受入施設を確認しておくとよいかも知れません。

周辺探訪