ハクビシン@氷川神社

記事のみ印刷 全画面印刷

境内を歩くハクビシン 渋谷キャンパス横の氷川神社境内でハクビシンを発見しました。体長は50Cm~70cmで鼻に白いラインが入っているのが特徴です。東南アジアから日本まで広く生息しているジャコウネコ科の動物で、日本に昔から住んでいるのかそれとも外国から持ち込まれたものなのかは未だわかっていません。
 最近は森林伐採などの影響で住処を失ったハクビシンが寝床を求めて都会まで下りてくることがあるそうです。見た目は非常に可愛らしい動物ですが、作物を荒らしたり住居に侵入したり、首都圏でも多数被害が報告されています。
 在学生の皆さんも見かけたからといって餌をあげたりしないように十分気を付けてください。

周辺探訪