2021年01月03日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第97回箱根駅伝(復路)総合成績は9位

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走復路。國學院大學陸上競技部は総合9位で東京大手町のゴールを駆け抜けました。シード権獲得は創部以来初の3年連続となります。

 箱根・芦ノ湖のスタート。6区・島﨑慎愛選手(3年)は、2年連続の山下りです。急激な下り坂でスピードに乗ると順位を一つ上げ、昨年の自身の記録を上回り区間4位で襷をつなぎました。7区は最初で最後の駅伝となった4年生・徳備大輔選手。4年間の思いをぶつける力強い走りで区間8位、8位を維持して9区に繋ぎました。

 8区は、唯一エントリーした1年生・伊地知賢造選手が、一時は帝京大と並走しなが堅実な走りを展開。後半の急な上り坂ももろともせず、8位を保って9区・高嶌凌也選手(4年)に襷を手渡しました。シード権争いも激しさを増す9区。高嶌選手は一時は11位まで順位を落とす苦しい走り。しかし、残り3キロ余りから猛烈な追い上げを見せ9位(個人12位)で戸塚中継所に駆け込みました。

 シード権奪取へプレッシャーがかかる最終10区を任された主将の木付琳選手(3年)。8位の順天堂大との差は1分余りの差がありましたが見る見るうちに追い上げると、一時は6位集団の3校に追いつく好走で後続を引き離し、総合9位(個人3位)でゴールテープを切りました。

 沿道での応援が自粛される異例の大会となりましたが、全国からのご声援ありがとうございました。

前へ