2019年12月22日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第33回國學院大學松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

 第33回國學院大學松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会(本学柔道部主催、毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社、同部OB会後援)が本日、横浜市青葉区の同大たまプラーザキャンパス体育館で開かれました。

 この大会は、1、2年生で挑む「新人戦」の位置づけとされる大会で、試合は1校5人で対戦する団体トーナメント戦で行われます。今回は、60校の強豪が北海道から九州までの全国各地から集まり、1回戦からハイレベルの戦いが繰り広げられました。集まった高校生たちは積極的に一本を取る柔道を目指し、はつらつと試合を繰り広げました。

 決勝戦は、いずれも初優勝を目指す東海大相模(神奈川)と木更津総合(千葉)の対決に。4試合を終え1勝2敗と後がない東海大相模は、大将の菅原光輝選手が大外刈りで一本勝ち。対戦成績で並び一本の数で上回った東海大相模が昨年に続く2回目の出場にして初優勝を果たしました。3位は加藤学園(静岡)と埼玉栄(埼玉)となりました。

  決勝戦は、いずれも初優勝を目指す東海大相模(神奈川)と木更津総合(千葉)の対決に。4試合を終え1勝2敗と後がない東海大相模は、大将の菅原光輝選手が大外刈りで一本勝ち。対戦成績で並び一本の数で上回った東海大相模が昨年に続く2回目の出場にして初優勝を果たしました。3位は加藤学園(静岡)と埼玉栄(埼玉)となりました。

 この大会は、準備や運営を柔道部員の大学生が中心となって行われ、会場には国際規格の柔道畳が敷き詰められ、国内トップクラスの審判員が試合を裁きました。

 館内の柔道場では、トーナメントに敗れた高校同士の練習試合が恒例になっています。悔しさをバネに新年の飛躍を期して稽古に汗を流す高校生たちの熱気にあふれていました。

第3回古事記アートコンテスト審査会

 本日午前10時より、「第3回 古事記アートコンテスト」の審査会が渋谷キャンパスにて開催されました。

 「古事記アートコンテスト」とは本学研究開発推進機構古事記学センターが『古事記』の理解や日本文化への関心を促すために、一般財団法人神道文化会にご共催いただいて、実施しています。3回目を迎える今年年度は大学生部門に137点、高校生部門に257点、合計394点もの作品のご応募をいただきました。

 

 「国生み神話」や「因幡の素兔」、「三貴子の誕生」のほか、「天御中主之神」から「雄略天皇」まで、描かれたテーマも画も多彩で、審査委員長の谷口雅博・本学古事記学センター長をはじめ6名の審査員で行われた審査も6時間にも及んだものの、最終的には大学生部門と高校生部門のそれぞれ7点の受賞作品を選ぶこととなりました。なお受賞作品は近日中に、本学古事記学センターのホームページにて公開されますので、今しばらくお待ちください。

 また今回のコンテストの受賞作品による巡回展を実施する予定ですので、お近くで展示会が開催されることがありましたら、ぜひ足をお運びください。

前へ

次へ