2019年10月14日(月)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

出雲駅伝 三大駅伝初優勝!

 令和最初の学生三大駅伝の開幕戦となる第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)が今日、出雲市内で行われ、7年ぶり3回目の出場となった國學院大學陸上競技部は、三大駅伝初となる優勝を手にしました。

 出雲大社正面鳥居前をスタートする1区には、今年の箱根駅伝でも1区を任された藤木宏太選手(2年)。スローペースでレースが進む中、2位集団をキープし中継所に駆け込みました。

 藤木選手から4位でたすきをつないだのはルーキーの中西大翔選手(1年)。2区は全区間最短の5.8kmで競います。駒澤大学、青山学院大学などと2位集団を形成すると区間3位となる記録で駆け抜けました。

 各校のエースが集まる3区には今年の箱根駅伝5区で区間新記録をマークした浦野選手が登場。一時は先頭に立ち積極的にレースを引っ張り、区間3位、総合2位でタスキをつなぎました。

 後半に入る4区。青木祐人選手(4年)は、強豪校に食らいつき健闘するも終盤にリードを奪われ、総合4位、区間5位で中継所に駆け込みました。

 高順位でアンカーに繋ぎたい5区には、茂原大悟選手(4年)。上位陣の順位が入れ替わる中大きく引き離されることなく4位で最終区間にタスキをつなぎました。

 全区間最長の10.2kmで雌雄を決するアンカー区間・6区。4位で茂原選手からタスキを受けた主将の土方選手は、東海大学、青山学院大学と3位集団を形成し猛追。6キロ過ぎに2位の東洋大学を飲み込むと、残り670メートルでトップを走った駒澤大学をかわし、一気に先頭に立つとそのままゴールを駆け抜けました。

 

 総合成績は2時間9分58秒で、土方選手は区間賞を獲得しました。たくさんのご声援ありがとうございました。

前へ

次へ