2019年09月29日(日)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

第69関東大学女子バスケットボールリーグ戦 1次リーグ最終戦

 女子バスケットボール部は現在第69回関東大学女子バスケットボールリーグ戦3部Bブロックで活躍をしています。本日午後3時30分より、たまプラーザキャンパス体育館で1次リーグの最終戦が行われ、2次リーグ(3部順位決定戦)への進出をかけて大妻女子大学と対戦をしました。

 試合は一進一退の攻防戦で、第3クォーター終了時点では5点差をつけていた本学でしたが、第4クォーター終了52秒前に相手チームに逆転を許します。試合時間が10秒を切ったところで、菊地真琴選手(健体3)が放った3ポイントシュートが決まり、土壇場で同点に追いつきますが、その後の延長でも一進一退の攻防を繰り返し善戦したものの、終了時点では60-62という僅差での敗戦となりました。

 ここ最近開催できていなかったホームでの試合で、保護者のみなさまやOGをはじめ多くの方が応援に駆け付けました。試合に敗退したものの、1次リーグBブロックを首位で終え、来週から順位決定戦にのぞみます。2部昇格に向けて、応援をよろしくお願いします。

 

特別支援学校のサッカー大会開催を支援

 第24回特体連サッカー夏季大会(主催:神奈川県特別支援学校体育連盟)が9月29日、國學院大學相模原グラウンドで開催されました。試合は同連盟の2部に所属する県内の8校が参加してトーナメント方式で行われ、生徒たちは多くの保護者や関係者の声援を受けながら、日頃の練習成果を存分に発揮しました。

 このサッカー大会は同連盟だけでなく、運営支援としてNPO法人アクティブスポーツともに國學院大學が参画しており、相模原グラウンドを開催場所として平成28年度から提供しています。連携を推進してきた佐栁正三・学校法人國學院大學理事長は、「共生する地域社会の実現には、教育機関である大学が果たす役割も大きい。今後も連携を深めていきたい」と関係者に語っていました。
 これに先立ち9月21日には1部と3部の所属校による試合が同じ相模原グラウンドで繰り広げられました。

前へ

次へ