2019年09月28日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

全日本学生柔道体重別選手権大会 柔道部 島田主将が優勝

 全日本学生柔道体重別選手権大会が9月28~29日に秋田県立武道館で行われ、本学柔道部から5人が出場しました。男子73㎏級には、主将の島田隆志郎選手(健体4)が2回戦から登場。全国の強豪を退け、2年連続で決勝にコマを進めました。大吉賢選手(日本体育大学)との決勝は延長までもつれましたが、小外刈りで技ありを奪い優勢勝ち。1年生で準優勝、2年生で3位、3年生で準優勝だった島田選手が初めて学生日本一に輝きました。

経済学部 E-Tour

 本日、午後2時から高校生を対象に、経済学部生を体験する「経済学部E-Tour」が開催されました。この「経済学部E-Tour」は、本学経済学部生の2~4年生のFA(ファシリテイタ―&アドバイザー)が「学部・学科の紹介」、「模擬授業の体験」、「大学の学び方」などを、現役の学生の視点で大学選びに悩む高校生のみなさんに直接お伝えする企画です。特に次年度より本学経済学部が2学科8コースとなることから、それぞれのコースについて丁寧に説明を行いました。

 「経済学部E-Eour」は来年1月11日(土)にも開催します。ご興味がおありの高校生のみなさんのご参加をお待ちしています。

ミュージアムトーク「大型古墳と地域開発と神祭り」

 本日午後1時より、國學院大學博物館にて特集展示「王権と古墳-倭国統合の象徴-」のミュージアムトーク「大型古墳と地域開発と神祭り」が開催されました。

 昨日のナイトミュージアムトークに引き続き、2回目となる本展示のミュージアムトークの担当は、本学博物館ファンのみなさまにはおなじみの館長、笹生衛・神道文化学部教授。遺体や死に対する人間の感覚から、古墳の形や埋葬品の変遷、更には地方に伝播していく過程や、祭祀との結びつきなどについて説明をしました。

 聴講された方の多くは、死に対する古代人の感覚や感情に想いを馳せながら、熱心に耳を傾け、終了後もまた展示品をご覧になっていました。

 次回ミュージアムトークは青木敬・文学部准教授による「古墳築造技術の歴史的意義」と題して、10月5日(土)に開催します。

前へ

次へ