2019年09月14日(土)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

全日本ジュニア柔道 男子66㎏級で1,2位独占

 2019年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が9月14,15日、埼玉県立武道館で行われ、本学柔道部から予選を突破した5人が出場しました。男子66㎏級では、同学年の武岡毅選手(日文2=写真右=)と新井雄士選手(史2=写真左=)が出場。東京ジュニアチャンピオンの武岡選手は、他大学の強豪を次々と退け決勝に進むと、新井選手もインターハイチャンピオンらを破り決勝に進みました。

 同門対決となった決勝は、4分間で決着はつかず延長戦に。開始27秒に武岡選手が一本背負投で技ありを奪い優勝を飾りました。武岡選手は10月16日~20日にモロッコ・マラケシュで行われる世界ジュニア柔道選手権大会に日本代表として出場します。同大会への出場は、相田勇司選手(法2)に続いて2年連続となります。

前へ

次へ