2019年07月23日(火)の記事一覧

記事のみ印刷 全画面印刷

柔道部・相田選手 文部科学大臣表彰

 スポーツ功労者顕彰等に係る文部科学大臣顕彰および表彰式が本日、都内のホテルで開催されました。昨年度開催された各競技の世界選手権等で優秀な成績を収めた選手やその指導者、また選手を多年にわたり支援した団体等に対して、文部科学大臣がその功績を讃えるもので、今回は選手・指導者のべ905人、功労団体17団体、審判員4人が受賞しました。國學院大學からは昨年10月に行われた世界ジュニア選手権で3位入賞を果たした相田勇司選手(2)が表彰されました。

 表彰式では、柴山正彦文部科学大臣から代表者に表彰状が贈られました。柴山大臣は「皆様の御活躍は国民を力づけるとともに、スポーツの素晴らしさ、スポーツの力を世界中の人々に訴えるものと確信しております」とお祝いの言葉を述べ、ウィルチェアラグビー日本代表チームのキャプテン・池透暢選手が受賞者を代表して謝辞を述べました。

 相田選手は表彰式後、「11月に行われる講道館杯優勝を目指して頑張っていきたい」と今後の抱負を語りました。

前へ

次へ